会社案内|さいたま・川口・草加・越谷・蕨エリアのマンション・一戸建て・土地・事業用・投資用不動産ならお任せください!

運営:株式会社YDK

不動産見つかる.COM

  1. 不動産見つかる.COMトップ
  2. スタッフブログ
  3. 不動産を購入する際に発生する仲介手数料とはどんなもの?

スタッフブログ

不動産を購入する際に発生する仲介手数料とはどんなもの?

カテゴリー:お役立ち情報

不動産取引において、賃貸契約を結ぶ際や家を購入する際には、多くの場合、仲介手数料が発生します。この仲介手数料とは一体何なのでしょうか。一見すると単なる追加費用に思えるかもしれませんが、実は不動産取引をスムーズに進めるための重要な役割を果たしています。

この記事では、仲介手数料の目的、計算方法、さらには支払いたくない場合の対策について、詳細にわたって解説していきます。

 

仲介手数料の基本

◎仲介手数料の意義とは?

仲介手数料は、不動産取引における重要なコストの一つです。
不動産会社や仲介会社が提供するサービスに対する対価として支払われるものであり、会社は物件の紹介から契約成立までの間、顧客の要望に応じた物件探し、見学の手配、契約書の作成といった多岐にわたる業務を行います。

これらの業務は顧客が自力で行うには時間と労力がかかるため、専門家である不動産会社に委ねることで、効率的かつ確実に取引を進められます。

 

◎支払いのタイミングと方法

仲介手数料は、契約が成立した際に一括で支払われるのが一般的です。この手数料は不動産会社が契約に至るまでに行った一連の業務に対する報酬として設定されており、不動産取引の成功をもたらした証とも言えます。
支払いは契約書にサインをした後、物件の鍵を受け取る前に行われることが多く、不動産会社によっては分割での支払いに応じてくれるケースもあります。

 

◎計算の基準とその重要性

仲介手数料の計算基準は、不動産の売買と賃貸によっても変わります。売買の場合は取引価格に応じた率で計算され、賃貸の場合は家賃の1ヶ月分が目安となるケースが多いです。この計算基準を理解しておくことで、予期せぬ出費を避け、正確性の高い予算計画を立てられるようになるでしょう。

また、仲介手数料は不動産会社のサービス品質を反映するものでもあるため、手数料の額を見ることで、その会社が提供するサービスのレベルをある程度推測することもできます。

 

不動産購入時の仲介手数料相場と計算方法

1.上限価格と法的規制

仲介手数料には、宅地建物取引業法によって定められた上限が存在します。これは消費者保護の観点から設けられており、不動産会社が不当に高額な手数料を請求することを防ぐためのものです。この上限を超える請求は違法とされており、不動産取引における公正を保つための重要なルールとなっています。

 

2.具体的な計算方法と例

仲介手数料は、取引価格に応じたパーセンテージを適用し、そこに消費税を加えて計算できます。

たとえば、1000万円の物件を購入する場合、3%に6万円を加えた額に消費税を加算した金額が仲介手数料です。この計算方法を事前に理解しておくことで、取引における総コストを正確に把握できます。

 

3.請求権のある者

仲介手数料を請求できるのは、「宅地建物取引業」の免許を持つ不動産会社のみです。この免許は、国土交通大臣または都道府県知事から発行されるもので、不動産取引に関する専門知識と経験を有することが認められた会社にのみ与えられます。複数の会社が関わる場合でも、手数料の上限は変わらないため、消費者は不当な請求に対して法的な保護を受けられます。

 

仲介手数料を払いたくないときの対処法

1.大家さんと直接取引するメリット

仲介手数料を節約する一つの方法は、大家さんと直接取引を行うことです。この方法であれば、仲介業者を介さずに済むため、手数料が発生しません。
大家さんと直接取引できる物件は、インターネット上の特定のサイトで探せて、これらのサイトは大家さん自身が物件情報を掲載しているため、中間マージンがかからず、よりリーズナブルな条件で物件を借りられます。

 

2.仲介手数料無料の不動産屋の活用

仲介手数料を節約する別の方法は、初めから仲介手数料が無料の不動産屋を利用することです。レオパレス21やビレッジハウスなど、仲介手数料を免除している不動産会社も存在します。これらの会社では、物件の条件よりも手数料の安さを重視する顧客に向けたサービスを提供しており、コストを抑えたい方にとってはおすすめの方法です。

 

3.自社管理物件の選択

管理会社が大家を兼ねる自社管理物件も、仲介手数料がかからない選択肢です。「自社管理物件につき仲介手数料無料」などという表記を見掛けたことがある方もいらっしゃるかもしれません。自社所有物件は、管理会社が直接募集を行っているため、余計な手数料が省けます。

これらの物件は「自社管理物件」と呼ばれており、仲介手数料が無料であるケースが多いです。自社管理物件を選ぶことで、仲介手数料を節約しつつ、管理会社が直接運営しているため、安心して居住できます。

当社が運営している「不動産見つかる.COM」は、さいたま市周辺で物件を探している方におすすめです。大手物件探しサイトにはない物件情報も取り揃えています。
さいたま市周辺で物件をお探しの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

まとめ

仲介手数料は不動産取引において避けて通れないコストの一つですが、その計算方法や支払いのタイミングを理解することで、無駄な出費を避けられます。

また、手数料を節約する方法もいくつか存在するため、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

この記事が、賢い不動産取引の一助となれば幸いです。仲介手数料に関する知識を深めることで、より良い不動産取引を実現しましょう。

カテゴリー

会員登録
来店予約
お問い合わせ